ほしおき小児歯科クリニック

メニュー

予防歯科

予防歯科とは

一生住み着く菌の数は、
      2歳までに決まります。

生後10ヶ月~31ヶ月の間に、虫歯菌ミュータンス菌が大人から子どもへ感染します。 大人が口をつけた箸でご飯を与えたりすることにより、大人が持っている虫歯菌を唾液を通して子どもの口に運んでしまうのです。 一旦強く感染してしまうと、ブラッシング位では菌を減らす事は出来なくなり、多くの虫歯菌と一生付き合って行くことになってしまいます。 周囲の大人のちょっとした気遣いで、子供の口腔環境を良い状態で保つことが出来ます。また、虫歯や歯周病が悪化してから歯医医院に行く…という方も多いようですが、そうなってしまう前に歯医者にかかり健康な口腔環境を維持しましょう。
予防歯科では、口腔内のチェック、虫歯・歯周病の検査、定期洗浄、歯磨きや食生活の指導、唾液やか噛み合わせの検査などを行います。また予防歯科は、虫歯や歯周病などの予防だけが目的と考えられがちですが、最近では、単に虫歯や歯が疾患しないようにするというだけではなく、病気の進行に応じた処置も含めて、口腔内全体の健康度を増進するということが目的とされています。
以前は、歯科臨床の場では治療での技術的及び材料面での向上が重視され、歯科的治療のみを目的とし修復で健康を取り戻そうとする傾向が強かったようですが、現在では、修復した部位の疾患の再発や、口腔に関する諸問題の予防とコントロールの必要性に目を配るようになってきています。  乳歯だからといって治療を怠ったり、歯の病気を見逃してはいけません。 永久歯に繋がる大切な歯の段階であり、のちのち永久歯に影響を及ぼすこともあります。 お子様だけではなく、家族みんなで歯の健康を保つための予防歯科を進めていきましょう。

歯医者でできる予防法とは

フッ素塗布

フッ素はエナメル質を強くし、歯の質を高めます。乳歯や生えたばかりの永久歯は、歯を覆うエナメル質が未発達で、虫歯の進行も早いことが多いので注意が必要です。歯が生えたら、ご自宅では低濃度フッ素を、歯科クリニックで年に数回、高濃度のフッ素を塗るのが理想的です。

キシリトールで虫歯予防

キシリトールは樹木から作られる天然の甘味料で、虫歯の原因となる酸を作りません。 さらに、虫歯菌自体の力を弱め、数も減らします。ガムとして噛むことにより唾液の分泌が促され、唾液の清浄作用が高まります。また、唾液の量が増えることで唾液に含まれるリンやカルシウムの量も多くなり、それらが歯の表面に戻る「再石灰化」の働きが強まることで、歯の再生を促します。手軽に出来る虫歯予防として、家族でキシリトールガムを噛む習慣をつけましょう。

院長ブログ facebook

医院概要

〒006-0041
札幌市手稲区金山1条1丁目14~20

ご予約、お問い合わせはお気軽にどうぞ。

お問い合わせはコチラ

- MENU -